HOME>特集>シロアリ調査は早めが肝心!定期的に依頼することで住まいが守れる

シロアリ調査は早めが肝心!定期的に依頼することで住まいが守れる

作業員

被害はないけど調査だけでも依頼は可能

シロアリは気づかないうちに増えてしまっていることがあるので、定期的に専門業者に調査をしてもらった方がいいかもしれません。特に、木造建築の住宅は住みつく可能性が高いと言えます。築年数がかなり経っている住宅ほど、縁の下をのぞいてみると柱がシロアリにやられてしまっていたということもよくあるため、早めの対策が重要です。まず、住んでいる地域周辺でシロアリ調査をしてくれる専門業者を探してみましょう。この手の業者は対応エリアが決まっているので、なるべく近場で探した方が無難です。インターネット検索で探してみましょう。それから、特に被害がなくても調査の依頼は可能です。予防対策として見てもらうことをお勧めします。

しろあり

どのくらいの頻度で依頼するべき?

シロアリの調査を専門業者に依頼する頻度は、それぞれ異なります。例えば、一度でもシロアリの被害に遭ったことのある住宅なら、再度、発生することが考えられるので、短い頻度で見てもらった方がいいかもしれません。一方、これまで何の被害にも遭っていないという住宅なら、一年に一度、二年に一度くらいの間隔にしてみましょう。どちらにしても、被害に遭う前の予防が重要です。調査の頻度が少ないことでシロアリの被害に遭ってしまっては困ります。そうならないようにするためには依頼する業者の意見も参考にしてみましょう。当然、業者によって頻度の提案は異なります。立地されている住宅環境によっても被害の出方は違うため、その点も考慮してみることをお勧めします。