HOME>特集>床下換気をして害虫の発生を抑えよう!専門業者に悩み相談で解決

床下換気をして害虫の発生を抑えよう!専門業者に悩み相談で解決

男性

床下の湿気がもたらす被害

建物の床下は湿度が高くなりやすい環境です。木造建築の場合も、鉄筋コンクリート建築の場合も、湿気がたまりやすい点では同じになります。木造建築の建物は、湿気が原因で木材が腐敗してしまったり、木材を食べてしまう害虫が寄り付きやすくなったりするので要注意です。床下換気を施工しておくと、適度な湿度に維持しやすくなります。換気口を施工してあれば自然に換気されているのですが、高温多湿の季節は湿気がたまってこもりがちな状態が続いてしまいます。キッチンやバスルームのように換気扇を設置できると、どのような季節であっても風通しを発生させられるので、乾燥させやすくなります。床下換気は床下の湿度を調整するだけでなく、結果的に木材を食べてしまう害虫が寄り付きにくくなりますので建物を保護する効果につながります。

男女

害虫が住み着いてしまったら業者に依頼

木造建築に限らず、鉄筋コンクリート建築の建物でも、内装に木材や壁材を使用して内装を施工しますので、木材を食べてしまう害虫が繁殖する可能性があります。湿度が高くなりやすい床下は、湿気を好む害虫が寄り付きやすい環境です。木材を食べてしまう害虫は、木材を食べることで粉末状の痕跡を残していきます。シロアリならば蟻道と呼ばれる状態が形成されます。害虫の痕跡を発見した場合は、専門業者に相談しましょう。床下だけに生息する害虫は、明るい室内には姿を見せないのですが、木材部分を食べているときにカリカリと音が室内にも聞こえる場合があります。個人で駆除するのは容易ではありませんので、害虫駆除の専門業者に相談しましょう。専門業者は被害の程度を正確に判断しますので、駆除に必要な薬剤の分量も適切に判断してくれます。駆除に成功したら床下換気を施工し、害虫被害の再発防止をしましょう。